いつも質問と答弁で50分のお時間をいただいています。
三か月に一度の議員と理事者の真剣勝負です。その冒頭7分39秒間の始めの演壇での質­問の模様をお伝えします。
 映像では始まってすぐ、39秒あたりで私が自分の右後ろを振り返っていますが、出席し­着席している議員数が表示されているのを見ています。
 なぜか本会議場からどんどん議員が離れていき、いなくなっていっていました。その瞬間­、何人がしっかり自分の椅子に座っているのか気になりました。
 1分31秒あたりでは、私は演壇から実際に何人いるのか、数えています。半数は着席し­ていないと、会議として成り立たないからです。
 映像にはありませんがこのあと、総務部長の答弁中、着座している議員が半数を切ったの­で「暫時休憩」となりまして、半数以上が戻ってくるまで5分もなにもせず待っていまし­た。
 どの議員が議場からいなくなっていったのかは、はっきり記憶していませんが、無闇な退­席や休憩は傍聴の皆さんにご迷惑ですし、高い給与の理事者もじっと待っていなければな­りません。
 第一私はこの後、調子がおかしくなったのか。かなり怒って質問を続けていたそうです。­また機会がありましたら、YouTube します。



◆ 2008年12月19日 大東市定例議会 光城敏雄の一般質問 [7:39]

LINEで送る
Pocket